ファーマシーパル

 ご相談は予約制です
TEL:0566-76-1161
FAX:0566-76-1260
E-mail:info@pharmacypal.jp
お店案内はこちら
スタッフ紹介
 
漢方について

イベント
商品一覧

メール会員登録
 

タンポポ茶ショウキT-1

店長あいさつ

こんにちは!愛知県安城市のファーマシーパル店主の山田です。

お店の外観も薬局にみえない~と言われますが
当店は普通の薬局ではないかもしれません。
みんなで楽しく集い、健康について語り合う。
そんな中でみなさまの健康のお役に立てるよう
アドバイスをさせていただいております。

ぜひお店にもお越しくださいね。
 
店長日記
 

ポイント制始めます



 

ファーマシーパルは次の地域の方々からご利用いただいております

【愛知県内】
安城市・知立市・西尾市・豊田市・岡崎市・高浜市・名古屋市・日進市碧南市・刈谷市・半田市・東浦町・阿久比町・知多市・西尾市・豊田市・岡崎市・豊明市・三好町・一色町・吉良町・幡豆町・幸田町・武豊町・蒲郡市・大府市・

岐阜県 三重県 静岡など
 
 
   
 

携帯ページ


 

乳がんについて

  • 件 (全件)
  • 1

乳がんと運動とホルモン

昨日、脂肪からホルモンが分泌されるので、適度な運動をして脂肪細胞を減らし、乳がんリスクを低減させましょうと書きました。

さらに・・・

運動が癌細胞を抑えるホルモンの分泌を増やす
 

「運動によって筋肉の活動が活発化すると分泌されるホルモンが、乳がんに対し予防的に働いている可能性があります」と、米国のニューメキシコ大学の研究チームは説明しています。

ホルモン「イリシン」は、脂肪組織に働きかけ、貯蔵された脂肪をエネルギーとして燃焼するのを促すと考えられています。

エストロゲンが乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と結びつき、癌細胞の増殖を促す。

イリシンには、このがん細胞をアポトーシス(プログラム細胞死)へと導く作用をするといいます。

イリシンをがん細胞に投与する実験を行ったところ、イリシンを投与されたが細胞では投与されなかったがん細胞に比べて、アポトーシスの量が22倍に増加することを確認しました。

ウォーキングなどの軽い運動でも効果を得られます。

イリシンの分泌量を増やすには有酸素運動よりも筋力トレーニングが効果的だといわれ、マウスを使った実験では、筋力トレーニングによってイリシンの分泌量が2倍に増えることが分かりました。

「乳がんを予防するために、ウォーキングなどの軽い運動で良いので、運動を習慣として開始することをお勧めします」と、ニューメキシコ大学のニック ギャノン氏は言います。


 
 

「ガンのリスク要因の多くは遺伝子的なものではなく、生活習慣などの後天的なものです。運動をすることで、イリシン以外にも、体重の減少、体の免疫機能の向上、炎症の軽減など、さまざまな効果を得られます」とアドバイスしています。

Physical activity and breast cancer risk(国際予防研究所2015年6月11日)


 

 
愛知県安城市大東町14-9
●TEL:0566-76-1161
●FAX:0566-76-1260
●営業時間:10:00~20:30
●定休日:水曜日・日曜日・第一木曜日

2016-01-05 16:26:25

日本の乳がん事情

北斗晶さんのニュース以来、
乳がん検診の受診率が上がって、
その分、発見される数も上がったようで
乳がん手術の予約も3か月先…だとか、
ちらほら聞きます。

生涯に乳がんを患う日本人女性は
現在12人に一人と言われています。

また、乳がんで亡くなる女性は
2013年に1万3000人を超え、
1980年と比べて約3倍にもなっています。

厚生労働省が発表した「人口動態統計」では、2014年の乳がんによる死亡数(女性)は13、234人【概数】で、残念ながら増加し、30代から増加し始め、40歳代後半から50歳代前半にピークを迎え、比較的若い世代で多くなっています。

若い年代で乳がんを患う女性も少なくありません。

欧米などでは、検診受診率の向上により早期発見が増え、死亡率が年々減っています。

その一方で、日本では国が定期的な健診受診を推奨しているものの、乳がん検診受診率はOECD(経済協力開発機構)加盟国30か国の中で最低レベルに位置し、年々死亡率は増加傾向にあります。(厚生労働省人口動態統計【概数】より 2015年6月5日発表)

 

運動で乳がんリスクを低下!?

フランスの国際予防研究チームは、
1987~2014年に発表された
計418万人の女性を対象とする
38件の研究を解析しました。

期間中に約11万6000人が乳がんを発症し、この研究は、シカゴで5月に開催された米国臨床腫瘍学会の年次集会で発表されました。

解析した結果、1週間の運動時間が最も多い群では、最も少ない群に比べて乳がんリスクが11~20%低下することが明らかになりました。

 

「運動をする習慣のない女性でも、週4~7時間の活発な運動を始めれば、乳がんリスクを31%低減することが出来ます」と、国際予防研究所のセシール ピゾット氏は言っています。

「運動を行うことで脂肪細胞が減少し、乳がんを進行させる女性ホルモンであるエストロゲンの産生も減ります」と説明されています。

乳がんの治療を受けている女性でも、運動を習慣として行うと、生存率が30~40%向上するという調査結果もあります。

そう、ホルモンって、主に臓器から分泌されていますが、実は、

脂肪細胞からもホルモン分泌が行われているんです!

運動不足、肥満気味の女性は
乳がんリスクも高いという事なので、
適度な運動を心がけましょう!!

 

 
愛知県安城市大東町14-9
●TEL:0566-76-1161
●FAX:0566-76-1260
●営業時間:10:00~20:30
●定休日:水曜日・日曜日・第一木曜日

2016-01-05 16:23:23

  • 件 (全件)
  • 1