ファーマシーパル

 ご相談は予約制です
TEL:0566-76-1161
FAX:0566-76-1260
E-mail:info@pharmacypal.jp
お店案内はこちら

 
漢方について

イベント
商品一覧

メール会員登録
 

タンポポ茶ショウキT-1

店長あいさつ

こんにちは!愛知県安城市のファーマシーパル店主の山田です。

お店の外観も薬局にみえない~と言われますが
当店は普通の薬局ではないかもしれません。
みんなで楽しく集い、健康について語り合う。
そんな中でみなさまの健康のお役に立てるよう
アドバイスをさせていただいております。

ぜひお店にもお越しくださいね。
 
店長日記
 

ポイント制始めます



 

ファーマシーパルは次の地域の方々からご利用いただいております

【愛知県内】
安城市・知立市・西尾市・豊田市・岡崎市・高浜市・名古屋市・日進市碧南市・刈谷市・半田市・東浦町・阿久比町・知多市・西尾市・豊田市・岡崎市・豊明市・三好町・一色町・吉良町・幡豆町・幸田町・武豊町・蒲郡市・大府市・

岐阜県 三重県 静岡など
 
 
   
 

携帯ページ


 

腎臓病の予防と漢方③原因と治療

腎臓病の予防と漢方③原因と治療

ホーム お店案内 特定商取引 メールでお問い合わせ 電話 ご購入特典


腎臓病の原因


まず、腎臓の働きについて・・・
 

腎臓の働き

 
1.血液のろ過

  血液を濾過して老廃物や塩分を尿として体外に排出する


2.血圧の調整

 塩分と水分の排出量を調整して血圧を調整
 尿の濃さや量を調節し体内の水分量を調整。
 腎機能の低下により高血圧になることもあるし、
 高血圧により腎機能が低下することもある
 血圧が下がるとレニンという物質


3.血液をつくる指令を出す

 エリスロポエチンという腎臓から出る造血刺激ホルモンにより
 骨髄の中にある細胞から血液が作られる


4.体液の量やイオンバランスの調整

 血液の電解質濃度(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)を調節
 腎臓が悪くなると体液の量が調整がうまくいかなくなり、むくむ。 
 イオンバランスの崩れにより、めまいや疲れなどの不調が起こる


5.ビタミンDの活性化

 腎臓で、カルシウムを体内に吸収させるのに必要な活性型ビタミンDをつくる



6.血液を弱アルカリ性に保つ

  腎臓で、重炭酸を作り、体に溜まった酸性物質を中和し、
 血液を弱アルカリ性(ph7.4)の状態に保つ



7.不要になったホルモンの分解・排せつ


 
 

腎臓は血液のろ過装置です。 

腎臓で血中の塩分や水分のろ過・調整を行うので、
塩分の摂り過ぎは腎臓に負担をかけます

糖尿病から腎臓に負担をかけることもあります。 

また、膀胱炎から腎盂腎炎になり、
慢性腎臓病になる場合もあるので、
膀胱炎の原因となる冷えやばい菌にも気を付けましょう。

その他、腎臓病の原因として、喫煙、高血圧、脂質異常、肥満、
飲酒、加齢、親族に腎臓病の人がいる・・・
などがあります。

 

腎臓病の治療

治療法としては、運動、食事療法、
血圧や体重のコントロール、投薬、人工透析があります。 

食事は下記の表のように、東洋医学では塩からい物や海産物が
適量であれば、本来は腎臓に良い作用をもたらすのですが、
過剰に摂取すると逆に腎臓を傷めますし、
慢性腎臓病になると塩分やたんぱく質・カリウム・リンの摂取制限が必要となります。


五味

漢方での治療

 柴苓湯、五苓散、猪苓湯、八味地黄丸、牛車腎気丸、十全大補湯、七物降下湯、
・・・など、慢性腎臓病に処方される漢方薬はいろいろあります。 

その人の証によっては、小柴胡湯や柴胡桂枝湯、当帰芍薬散などが処方される場合もあります。


慢性腎臓病は人によって原因も症状の重さや状態も異なるので、
ひとり一人、提案できる漢方薬は異なってきます。 
血液検査数値、服用している医薬品や健康食品、排尿・排便の状況、
食生活や水分の摂取状況などをお伺いいたしますので、可能な範囲で分かるものをご持参くださいますようお願いします。 


 

【関連記事】

腎臓からのサイン≫≫≫
腎臓病の予防と漢方~検査~≫≫≫
腎臓病の予防と漢方~予防と治療~≫≫≫
オシッコで危険な病気を早期発見!≫≫≫ 
 

 
愛知県安城市大東町14-9
●TEL:0566-76-1161
●FAX:0566-76-1260
●営業時間:10:00~20:30
●定休日:水曜日・日曜日・第一木曜日

2016-03-29 15:58:07

腎臓病