rss

雨が降りそうになると体調が悪くなる?

 梅雨時になると体調を崩す方がとても多いですね。

梅雨時もそうだけれど、
梅雨以外でも雨が降りそうな重い雲が出ているときに、
頭痛がしたり、気分が重く沈んだり、食欲不振になったり、
体調が悪くなる人がいます。


 

逆に「曇りはしんどいけど、
雨が降ってしまえばそんなにしんどくない」という人もいます。



なぜ雨の日や雨が降りそうな時に体調が悪くなるのか? 



雨や曇りの時は低気圧=気圧が低いので頭蓋骨の中の圧力も変化して脳内の血管が収縮することや、気圧が低くなることで血圧が下がり血液の循環が悪くなる事が原因と考えられています。

また、気圧が低くなると体内のヒスタミンが増えて血管が拡張され、血圧が低くなります。 

いわゆる気象病と呼ばれるもので、雨や曇りの時に 

・古傷がうずく
・頭痛(低気圧頭痛
・めまい
・うつ症状
・関節痛
・肩こり・腰痛
・神経痛
・むくみ
・体が重だるい
・疲れやすい
・食欲不振

 などが起こります。

 

症状を改善させるには、血圧や血流を改善し、
安定させることが大切ですので、
入浴で溜まった水分を出したり血行をよくしたり、
マッサージもおすすめです。

また十分な睡眠をとって
自律神経を安定させることも大切です。

漢方的にみると、
こういった雨や曇りの時に体調が悪くなるのは、

「湿邪(しつじゃ)」によるものと考えます。 
 

湿邪とは体の中に余分な水分が溜まってうまく排出されない状態のことです


 

雨や曇りの時の湿度が高い状態=『外湿』の影響で湿邪になる場合があります。

もともと胃腸が強くない人や、
甘いものや冷たいものが好きで
体に『湿』をためてしまっている人など
水分代謝が良くない人は
外湿』の影響でさらに体調が悪くなってしまいます。

 

つらい梅雨がやってくる前に、
湿邪を改善させて気象病を予防しましょう!!

 
【生活習慣】では、
 
・ストレスをためない

・夜更かししないでしっかり睡眠をとる

・早寝早起きして朝日を浴びる

・お風呂につかって体を温め汗をかく

・冷房の温度を下げ過ぎない

・体を冷やさない

・ストレッチや軽い体操などで汗をかき余分な水分を出す

・マッサージなどで血液循環を良くする

 
【食習慣】では、
 
・冷たいものや甘いものを控える

・胃腸の調子を整えるために温かくて消化の良いものを食べる

・肉類・脂っこいものなど胃に負担をかけるものを控える

・生ものを控える

・アルコールを控える
 
・旬の物・香りのよいものを食べる
 
【おすすめ食材】

胃腸の調子の悪い人

梅湯(梅干しに熱いお湯をかけ梅干しをつぶして飲む)・お米・ヤマイモ・ナツメ・イモ類・ゆず・みかんの皮

むくみやすい人

ハトムギ(ヨクイニン・ハトムギ茶)・豆類・トウモロコシ

冷えのある人

ショウガ、ニンニク、ニラ、ねぎ、唐辛子、シナモン、大根、かぼちゃ
 


 

あまりにもしんどい時は無理せずご相談くださいね。


 



漢方薬お買い上げの方は

・体質チェック無料
・漢方相談料無料

 


初めてご相談にいらした方は
2000円分の金券をプレゼントします。




 
 
不妊・ダイエット・漢方相談のファーマシーパル
愛知県安城市大東町14-9 ⇒アクセス
TEL:0566-76-1161
●FAX:0566-76-1260
●E-mail:info@pharmacypal.jp
●営業時間:10:00~20:30
●定休日:水曜日・日曜日・第一木曜日