rss

症例 糖尿病・肝機能低下・痛風

糖尿病で足が壊死寸前・痛風・視力を失う寸前の男性


【ご来店の経緯】

痛風で足を引きずって歩く
糖尿病の悪化で足が真っ黒になり、切断寸前
肝機能低下で視力低下


【主な症状】

尿量少ない
便秘気味
下痢
腰痛
目のかすみ
食欲がない
ひじの痛み
頭痛
γGTP、γGOP  300以上
血糖値260以上


【性格・環境】

家庭環境の影響で食生活が悪い
お酒を毎日大量に飲む
喫煙
お菓子を毎日食べる
ストレスに弱い
やると決めた時は非常にまじめ



【経過】

最初、痛風で足を引きずって来店された時は
肝機能改善の漢方と、
酸素供給と免疫賦活を促す処方で
普通に歩けるようになった。

◆しばらしくて別の時に、
お酒の飲み過ぎ・栄養の偏りにより
糖尿病が悪化し、足の指先が真っ黒に。
皮膚の炎症したところが化膿して
ぐちゃぐちゃになってしまっていた。

医師に受診するよう勧めると、
病院で「壊死しているので足首から切断する」と
言われたとのことで、何とかしてくれと再来店。

塗る薬と飲む薬を集中的にまじめに続けてもらい、
足の切断を免れた。

◆離婚されてからの飲酒・食生活の悪化で
今度は肝機能低下と糖尿病の影響により
目がかすみ視力低下。

このままでは失明すると医師に言われたとのこと。

ふたたび、集中的に肝機能改善の漢方、
酸素供給・免疫賦活を促す処方で
症状が改善。


毎回、「あと少し遅れていたら…」
という大変な状況にもかかわらず、
その時は集中して真面目に服用されるので
毎回改善される。

しかし・・・、
家庭環境や精神面のストレスの影響が
絶えずふりかかる方で
どうしても深酒、食生活の不摂生が
やめられない。

お話をお聞きしていると、非常にお気の毒な方ではある。

しかし、口にしたものからその人の身体は出来ている。

毎回、ピンチのたびに
集中してご来店されて改善されるが、
結局はアルコールを控えたり、
栄養バランスを考えた食事をとることが
一番の薬なのです。






 

初めてご相談にいらした方は
2000円分の金券をプレゼントします。



漢方薬お買い上げの方は
・体質チェック無料
・漢方相談料無料

 

不妊・ダイエット・漢方相談のファーマシーパル
愛知県安城市大東町14-9 ⇒アクセス
TEL:0566-76-1161
●FAX:0566-76-1260
●E-mail:info@pharmacypal.jp
●営業時間:10:00~20:30
●定休日:水曜日・日曜日・第一木曜日