rss

食材の味によって効能がわかる

漢方では陰陽五行の考えに基づき、

五行にそれぞれ五つの味をあてはめ、

五味が五臓を養うと考えます。


 

「酸は肝・胆に入り、辛は肺・大腸に入り、苦は心・小腸に入り、鹹は腎・膀胱に入り、甘は脾・胃に入る」

 

 

塩からい物を食べ過ぎると腎臓を壊しやすい、

そして腎臓が悪い人は塩からい物を好む。


 

胃が疲れているときは甘いものが胃に優しいけれど、

逆に甘いものを摂りすぎると胃を壊してしまう。


 

・・・そんなふうに、味と内臓の働きはとても関係があるのです。


無性に酸っぱい物が食べたい…

そんな時は、身体が必要としているのかもしれません。


 

ただ、過度に単一の味を摂りすぎるのは

身体を壊すこともあるので、

何でもほどほどが大切です。

 


 


 


 

 
五臓と五味 五臓が弱っている時 五禁・過食すると…

| 

が弱ると酸味を欲しくなり

酸味が肝を栄養する。

筋肉を引き締める収斂作用があるので、体を引き締めて出過ぎるものを止める。下痢や寝汗などに良い。

酸味は「筋」に浸透しやすく筋収縮しやすいので、過食すると肌肉にシワができ、唇が渇く、身体が火照る。尿が出にくくなる


 

×(胃腸)が弱っている人は、酸っぱいものをとり過ぎてはいけない

 

が弱ると苦味を欲しくなり

苦味が心を栄養する。

消炎作用(熱をとり体の湿を出し乾かす働きをする固める作用があるので出血性疾患や下痢に良い。
 

苦味を過食すると潤いを失って皮膚がカサカサになって体毛がぬけてくる。
消化不良や腹部脹満、嘔吐がおこる。


 

×(呼吸器系)が弱っている人は、苦いものをとり過ぎてはいけない

 

が弱ると甘味を欲しくなり

甘味が脾を栄養する。緩和作用(体を補益(滋養強壮)して緊張を緩める)があるので、鎮痛やトゲ抜きなどによい。

甘味は肉に浸透しやすく過食すると、関節や骨が痛み胃が痛んで髪の毛がぬけてくる。心気は落ち着かず、顔が黒ずみ、腎気の平衡がとれなくなる
 

×(腎臓、泌尿器系)が弱っている人は、甘いものをとり過ぎてはいけない

 

が弱ると辛味を欲しくなり

辛味が肺を栄養する

発散作用(発汗させ気血の巡りを良くする)があるので、風邪などによく、発汗を促す働きがある。

辛味を過食すると、筋がひきつって爪が割れてくる、精神も損なわれ心が空虚になる
 

×(肝臓、胆のう)が弱っている人は、辛いものをとり過ぎてはいけない

が弱ると鹹味(塩からさ)

欲しくなり、鹹味が腎を栄養する。

軟化作用(しこりをとる、体を潤すなど)の働きをするがあるので、大小便を通じ、疝気などの痛みを治す。

鹹味を過食すると、血がねばり肌肉は萎縮し、顔色の光沢が悪くなる。脈行が渋り、 腰骨が傷む心気が抑うつする。口が渇く。

×
(心臓が弱っている人は、塩からいものをとり過ぎてはいけない


 






 


詳しくはご相談ください。
 



 

初めてご相談にいらした方は
2000円分の金券をプレゼントします。

 



漢方薬お買い上げの方は

・体質チェック無料

・漢方相談料無料



 

 
不妊・ダイエット・漢方相談のファーマシーパル
 

 
愛知県安城市大東町14-9
●TEL:0566-76-1161
●FAX:0566-76-1260
●E-mail:info@pharmacypal.jp
●営業時間:10:00~20:30
●定休日:水曜日・日曜日・第一木曜日