rss

ウエストが増えると乳がんリスクが上がる!?

 

日本人女性の乳がん罹患率は

11人に1人と言われています。

 

イギリスの電子版医学誌『BMJ Open』で

 

“スカートのサイズ”から 乳がんの発症リスクを予測できる

という驚きの研究内容が発表されました。

 

ウエストサイズが1つ上がると

「乳がんリスク」が33%増と判明

 

 

20代半ばから60代半ばの間に、

10年ごとにスカートのサイズが

ワンサイズ上がった女性は、

乳がんの発症リスクが通常の33%も高い!

 

さらに2サイズ上がった場合だと、 77%にも上昇したそうです

肥満と乳がんには密接な関連があると

昔から考えられており、

BMI数値(肥満指数)が高い女性は、

発症リスクがより増すと考えられてきました。

 

体内の脂肪や副腎・卵巣に存在する

アロマターゼという酵素が、

エストロゲンに変えます

 

乳がん細胞であるエストロゲン受容体

結びつくことで、細胞増殖を起こし

ガンが発症すると考えられています。

 

肥満が乳がんのリスクを高めます。

 

しかし今回の研究で、

腰回りの脂肪の変化が BMIとは別の指標として、

乳がんリスクを考え る上での

新しい目安になると認められたそうだ。

 

エストロゲンの分泌期間が長ければ

それだけリスクも高まるので、

初潮が早かった人、閉経が遅い人、

ホルモン補充療法を長期間続けている人などは、

特に注意が必要とされています。

 

また、閉経前は主に卵巣で作られていた

エストロゲンが、閉経したあとには

脂肪組織でつくられるようになるので

肥満体型の人はたとえ閉経を

迎えたとしても油断はできません。