rss

前立腺肥大はなぜ起きるのか?

前立腺とは・・・

膀胱の出口を取り巻くように位置する

クルミ大の男性だけにある器官です。

 

膀胱の真下にあり、

尿道を取り囲むかたちで存在、

精嚢が隣接。

クルミほどの大きさで、重さは数十グラム。

 

精嚢から分泌された精嚢液を

精巣で作られた精子と混合し精液を作り、

射精における収縮や尿の排泄なども担っている。

(Wikiペディアより)

 

男性ホルモンであるテストステロン

5a‐リダクターゼという酵素の働きによって

活性型のジヒドロテストステロン(DHT)という

男性ホルモンとなって、

前立腺に作用することでますます肥大すると

考えられています。

そして、前立腺が肥大したことで

尿道を圧迫するようになって

排尿障害に悩まされるようになります。

 

【主な症状】

・頻尿 トイレが近い
・夜間頻尿
・尿の出が悪い
・残尿感
・尿の勢いが弱い

 

【前立腺肥大の治療法】

①抗男性ホルモン薬

前立腺肥大を起こす男性ホルモン

(テストステロン)の作用を抑えることにより、

前立腺細胞の増殖を抑制し、

肥大を起こさないようにする薬を

服用する。

②排尿障害に効果のある漢方薬を服用

・猪苓湯(ちょれいとう)

・竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

・八味地黄丸(はちみじおうがん)

③α1受容体遮断薬

α1受容体という前立腺や尿道の筋肉にある

蓄尿をコントロールする器官を遮断する薬で

排尿障害を改善させる

④手術

・内視鏡

・開腹手術

・レーザー治療

 

 

 

その他、前立腺肥大を改善するには

ゲニステインというイソフラボンの一種を

摂取することで改善されるということが

最近の研究で確認されています。