ファーマシーパル

 ご相談は予約制です
TEL:0566-76-1161
FAX:0566-76-1260
E-mail:info@pharmacypal.jp
お店案内はこちら
スタッフ紹介
 
漢方について

イベント
商品一覧

メール会員登録
 

タンポポ茶ショウキT-1

店長あいさつ

こんにちは!愛知県安城市のファーマシーパル店主の山田です。

お店の外観も薬局にみえない~と言われますが
当店は普通の薬局ではないかもしれません。
みんなで楽しく集い、健康について語り合う。
そんな中でみなさまの健康のお役に立てるよう
アドバイスをさせていただいております。

ぜひお店にもお越しくださいね。
 
店長日記
 

ポイント制始めます



 

ファーマシーパルは次の地域の方々からご利用いただいております

【愛知県内】
安城市・知立市・西尾市・豊田市・岡崎市・高浜市・名古屋市・日進市碧南市・刈谷市・半田市・東浦町・阿久比町・知多市・西尾市・豊田市・岡崎市・豊明市・三好町・一色町・吉良町・幡豆町・幸田町・武豊町・蒲郡市・大府市・

岐阜県 三重県 静岡など
 
 
   
 

携帯ページ


 

漢方について

漢方とは何か…
漢方についてご存知の方はたくさんいらっしゃいますが、
再度ここで簡単に記述いたします。

東洋医学と西洋医学

漢方に代表される東洋医学は、医学的にほとんどの病気に対応できる力をもっていますが、独学で漢方に通暁することは至難の業です。
そのために本腰をいれて漢方を学ぼうとする人は限られてしまい少ないでしょう。

西洋医学は局部を重視しますが、人間全体を見失ってしまう傾向にあります。本当は人間の体も自然と同じで全体のバランスがとれて、健康が保たれています。
漢方は胃の病も、肺の病も患者さんの全身の状態をトータルに見て治療を決めますが、西洋医学は全身の状態を見る発想はありません。
漢方は脈診、腹診と「心」を重視して治療しますから、西洋医学のように対応できない半病人の状態を治療したりカバーすることができます。

漢方と中医学

漢方は日本の伝統医学で、古代の中国漢方医学が1000年以上前に伝わり、それが日本において独自に発展したものです。特に江戸時代に独自の漢方体系が作られました。

日本の漢方と中国の医学(中医学)とはかなり考え方に相違が見られます。

五行説と漢方

「この世に生ずる森羅万象は、すべて五つの要素に大別できる」というのが五行説の理論です。
春に木が芽吹き、夏に太陽のエネルギーをあびて生成し、根からの栄養を土から吸収し、大きくなります。
秋には結実し、水も凍る冷たい冬がやってきます。

<五行配当図>
木(肝)-胆-筋-膵・消化管-春-酸-怒-青
火(心)-小腸-血液-脳・血行器-夏-苦い-喜-赤
土(脾)-胃-肌肉ーリンパ腺-土用-甘-憂-黄
金(肺)-大腸-皮毛-神経系・呼吸器-秋-辛-悲-白
水(腎)-膀胱-骨髄-生殖器-冬-かん-驚-黒

五行配当図  

●肝は心を生じ、脾は肺を生じ→相生関係。

●肝が過分になると脾は抑制され、肝障害があると脾に負担をかける→相剋関係。